So-net無料ブログ作成
検索選択

湯布院・黒川温泉に行ってきました 2 ~別府・地獄篇~ [母のひとりごと]

朝起きると、事件が!



犯ニャンはお前だ![ちっ(怒った顔)]

犯ニャン1.JPG

…って、相変わらずすごい寝相だね[たらーっ(汗)]

[猫]「ニャんのこと~?」

犯ニャン2.JPG

去年は全然興味示さなかったのに、なんで急に?
しかも、他の飾りには目もくれず、リボンだけを集中攻撃[がく~(落胆した顔)]

犯ニャン3.JPG

[猫]「赤いモノを見ると野生の血が騒ぐんだにゃあ~!」

おい[パンチ]

[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

さて、もなかで始まりましたが、今回は別府・地獄篇でした[わーい(嬉しい顔)]

別府の地獄めぐりには、 海地獄鬼石坊主地獄山地獄かまど地獄
鬼山地獄白池地獄血の池地獄龍巻地獄があります。

それぞれ400円の入場料がかかりますが、
8地獄共通観覧券が2000円であります。
公式HPに割引チケットがあるので、プリントしていけば10%OFFです。

今回はツアーなので、オプションとして
入場する人だけ後から400円を徴収。
参加しない人はバスや外で待つのですが、
やっぱりみんな入場してましたね[わーい(嬉しい顔)]

まずは、海地獄
観覧時間は20分になりま~す(笑)
それではスタート~[いい気分(温泉)]

蓮池1.JPG


入ってすぐ、蓮池がありました。

蓮池2.JPG
蓮池3.JPG
蓮池4.JPG


小さい池に、こんなかわいい子たちも。

蓮池6.JPG
蓮池5.JPG


そしていよいよ、海地獄~!

海地獄.JPG


1200年前に、鶴見岳爆発でできたそうです。

海地獄2.JPG


本当に綺麗な水色。
自然ってすごいですね~[ぴかぴか(新しい)]

足湯もあります。が、なんせ20分しかないので省略~[わーい(嬉しい顔)]
時間までお土産屋さんを見ていたら、なんだか見たことのある入浴剤が。

マグマ温泉!海地獄の温泉水を粉末にしたものだって。

昔うちにあったよね?!

「デパートに売りに来ていて、買った事ある。
  秋田の姉(私には叔母)にも送ってあげたし」

ええ~!海地獄の素だったとは。
そうと知っていれば、もっとありがた~く入ったのに(;一_一)
まあ、22歳くらいの頃の話だから、興味なかったかもね。


そしてお次は、なんと血の池地獄~!
当初予定にはなかった血の池、
私の願いが叶って、見事ツアーに組み込まれました~[手(チョキ)]
添乗員さん、ありがとう[揺れるハート]

血の池1.JPG

ちぃ~のお~い~け~と言うだけあって
地獄ムード満点?[わーい(嬉しい顔)]
まずは鬼がお出迎えです[目]

血の池2.JPG

はいは~い。こちらが血の池でございま~す[わーい(嬉しい顔)]

血の池3.JPG

奈良時代の豊後風土記にも記載のある、日本最古、別府唯一の天然地獄。
酸化鉄等を含んだ、赤色の粘土を噴出していて、
この粘土で作った「血の池軟膏」は、皮膚病に聞くそうです[手(パー)]
これはここの、池横にある売店でしか買えません。

血の池みやげ.JPG

湯の素は、乳白色の硫黄泉の素です。
硫黄泉好きの私たち夫婦にはたまりません[いい気分(温泉)]

これがあれば、もう相模健康センターに行かなくても大丈夫!?[足]

この二つが欲しかったんです~[わーい(嬉しい顔)]

おかげで我が家は今、硫黄泉の宿「でんさん旅館」営業中~[いい気分(温泉)]

ちなみにこれ、1500円で購入しました。(60回分)
が、楽天市場で2本+送料で、3050円で買える事が判明[ふらふら]
買い足しの心配はなくなったものの、ちょっと複雑?[あせあせ(飛び散る汗)]

白濁の硫黄泉好きな方には、めちゃオススメです[手(チョキ)]

他には、血の池ぷりんや極楽カレーなんかもありますよ[るんるん]


今回は2つを駆け足でまわっただけだったので、
いつか、時間をかけて他も見てみたいです。

そういえば、バスでガイドさんの鬼石坊主地獄の説明を聞いて、
以前北海道に住んでいた私は、「ボッケかあ!」と思いました[わーい(嬉しい顔)]

ボッケとはアイヌ語で、泥や水が地中の炭酸ガスによって吹き上げられて、
煮立っているように見える小さな泥火山です。

高校の吹奏楽部の夏合宿を2回、阿寒湖畔でやったのですが、
ボッケのあたりの遊歩道は、肝試しの定番コースでした[モバQ]


さて、温泉に入って、美味しいものを食べて、ふかふかのお布団で一泊という温泉旅行。
今は当たり前ですが、これを最初に始めたのが、別府観光の生みの親、油屋熊八さんだそうです。

自宅の一部屋を改装し、腕の良い料理人を雇い、特注の布団でもてなす。
今まで地元民も近づけなかった地獄の周りを整備し、道を作り、ガイドしてまわる。
地獄めぐりは、この方のアイデアです。

更には観光バスを走らせ、日本で初めてバスガイドを乗せたすごい人です[バス]

…と、バスガイドさんが言ってました~[わーい(嬉しい顔)]

こうしたお話が聞けるのも、ツアーの良さですね[るんるん]

次回はいよいよ、湯布院で~す[わーい(嬉しい顔)]





湯布院・黒川温泉に行ってきました 1 ~出発篇~ [母のひとりごと]

皆さんこんにちは~[わーい(嬉しい顔)]

先日、母のお供で湯布院・黒川温泉に行ってきました[るんるん]

母はあまり旅行に行くほうではなく、せいぜい私たちが誘って
一緒に近場に一泊旅行に行くくらいなのですが、そんな母が以前

「一度湯布院に行ってみたいのよね~」

と言っていました。


今回、父が亡くなり、母の人生にも一区切りがついたという事や、
私も色々お疲れ様という事で、
旦那が「一緒に行ってくれば?」と言ってくれたので、
急遽行ってみようか!?となりました[飛行機]


私も以前は、旅行といえば、いいルートや宿を全部自分でプランニング、
手配して、それも楽しんだモノでした。
時間に縛られるのも、束縛されるのも嫌いなので、ツアーなんてありえない[exclamation]
だったのですが、まるで未知の九州

おまけに往復航空券、宿、現地での移動、食事…。
ちょっと調べただけで、なんだかすごい金額になりそうです[ふらふら]

たまたまうちは、「ゆこゆこ」という無料旅行誌を、
かつて「ざぶん」という名だった頃から見ているのですが、
うちに送られてくるのは関東近県のみのもの。
でも、よく見ると、折り込み広告で九州もあるじゃない~![るんるん]

しかもたまたま、
「憧れの湯布院温泉と黒川温泉に泊まる」ツアーが!
http://www.osharetabi.net/search/course_jtg701066a.html

黒川は以前からいいな~と思っていたので、湯布院2泊よりいいかも[わーい(嬉しい顔)]

それに、現地はすべて添乗員付きバスで移動。
昼食もついていて、値段もリーズナブル

自分でレンタカーとなると、地図調べたり、知らない土地の運転も気を遣うし、
まるきり知らない土地で、どこでお昼を食べるか、一から調べるのも面倒。

ツアーもありかも[exclamation&question]


そう思い、他社のツアーも調べてみましたが、
湯布院&黒川をセットに設定すると、意外とセットプランは少なく、
あるのはレンタカー付きフリープランだったりします。

それに、一度バス付き、昼食付きの格安プランを見てしまうと、
今更運転はイヤだな~という気になっちゃいます[あせあせ(飛び散る汗)]


そうして、初のツアー旅行に参加することになったのでした~[バス]


プランでは、初日の一番最初に別府の地獄めぐりがあって、
この日だけは昼食がつきません。
「うれしいゆっくり出発」のプランなので、
ちょうど昼頃機内にいる事になりそうです。

羽田で空弁でも買って、早めにすますか、別府で食べるか。

でも、プランのスケジュールには、別府の見学時間が
どのくらいなのか書かれていません。

湯布院で「金鱗湖など散策60分」と明記されている所を見ると、
多分それよりメインじゃない分、短そうです。

ネットで、空港からの移動時間や、ホテル到着予定時間から逆算すると
せいぜい30分というところでしょうか。

昼食は無理そうです。


さらに別府地獄を調べて見ると、 海地獄血の池地獄など、8つの独立施設があり、
それぞれ入場料がかかります。

30分だとどれかひとつ?
パンフには「海地獄など自由散策」とありますが…。

ツアーは初めてですが、こんなに事前情報が少ないものなのでしょうか?

一応、一週間前までに、集合時間や詳しいプランを郵送とあったので
色々ネットで調べながら楽しみに待つことに。


公式サイトやほかの人のブログを見てみると、
血の池地獄だけに売っている血の池軟膏と、白濁の硫黄温泉の素がありました。
ぜひ買いたい[るんるん]と、もりあがっているところに
出発前日、現地添乗員さんから確認のお電話が。

早速、地獄でのスケジュールを聞いてみると
海地獄のみで20分くらいだって[がく~(落胆した顔)]


その間、海地獄には行かずに、血の池まで往復できますか?と聞くと、
結構はなれているので、タクシーで5分くらいかかるらしい[もうやだ~(悲しい顔)]

「血の池軟膏を買いたいと思っていたんです~」と残念がっていると、
「湯布院散策に60分となっていますが、実際は120分くらいおとりしているんです。
 せっかく来ていただけるんですから、他の方からのご要望も聞いて検討しますよ」
と言ってくれました[わーい(嬉しい顔)]

でもその分、湯布院が短くなったり、血の池はどうでもいいと思っている方まで
巻き込むのは申し訳ないので、無理ならいいですよ~[あせあせ(飛び散る汗)]
と言いましたが、親身な対応に好感度アップでした[黒ハート]


いよいよ当日。
以前、西表に行く時にも使った、隣駅の二俣川~羽田まで
高速バスでラクラク移動[るんるん][バス]

羽田第二ターミナル到着~[ぴかぴか(新しい)]
まずは空弁を買って早めの昼食。
「羽田空港ひとくちおこわ」
うっかり写真を撮り忘れたので、公式HPでご覧ください~[あせあせ(飛び散る汗)]
http://www.jutokuan.com/hitokuchiokowa/

松坂牛の肉団子が入ってます[キスマーク]

早めに来たので、ちょっと展望デッキへ。

はねだ1.JPG

西表に行く時も来たのですが、その時は気付かなかったこれ。

はねだ2.JPG

ベンチかと思ったら、ブランコなんです~!
子どもたちが知ったら、取り合って大騒ぎだったろうから
気付かず正解だったかも?[たらーっ(汗)]

はねだ3.JPG

偶然、ポケモンジェットもやってきました[るんるん]


それから集合場所へ行ったのですが、
「搭乗場所が遠いので、早めにお越しください」と言われました。

…本当に遠かったです[がく~(落胆した顔)]


バスの降車場所から集合場所までも結構歩きます。
そこからまた端まで延々と移動。

図では、細ーくなっている連絡通路、短く見えますが
動く歩道を、何度も何度も、これでもか~ってほど乗り継いでも
まだ着かない[もうやだ~(悲しい顔)]

ゲートラウンジ南ピアというそうですが、ちょっとしたキッズコーナーもありました。

ここからいよいよ、大分空港に向けて出発です![飛行機]

次回は別府・地獄をご紹介しま~す[わーい(嬉しい顔)]


もなかのものなの! [もなか]

皆さん、こんにちは~[わーい(嬉しい顔)]

あちこちで、次回は九州旅行記で~す!と宣言していましたが、
Mineosaurusさんにとっても素敵な絵をいただいたので、
急遽ご紹介です[るんるん]

Monaka02-4c1da.jpg

ん?このぶちは…

Monaka01.jpg

そう!

monaka-f7793.jpg

もなかです~!

Mineosaurusさんありがとうございます[猫]
Mineosaurusさんのブログ、「恐竜じじいになっても...」こちら[exclamation]
もなかをご紹介くださった回はこちらです[るんるん]


さて、すっかりご無沙汰のもなかですが、
またまたパパの椅子がもなかのもの!になる季節がやってきました。

…相変わらず、すごい寝相です[もうやだ~(悲しい顔)]

最近、急に寒くなったので、
油断してパパの椅子でパソコンしていたら
「どいてっ[パンチ]もなかのものよっ!」
怒られました[ふらふら]

ついこの前まで、床で行き倒れていたくせに…。

こないだ.JPG

[猫]「にゃんだか最近、出番が少ないけど、
   このブログももにゃのモノなの!」

すみっこ.JPG


そうだね[たらーっ(汗)]
monakaの肉球なのに、すっかりママブログになってたね。
ごめんごめん!

だから今日はもなか大放出(?)でお送りしてるじゃない。
そんなすみっこですねてないで、出ておいで[黒ハート]

よし♪.JPG

[猫]「わかったらいいんにゃ」


ようやくもなかのご機嫌がなおったところで、次回からは
「湯布院・黒川の旅」をお送りしま~す[わーい(嬉しい顔)]

[猫][むかっ(怒り)]





徳島に行ってきました・自然葬ってなに? [母のひとりごと]

台風をかわして徳島から帰ってきましたが、
その後も社会保険事務所に行ったり、書類を揃えて郵送したり、
人が亡くなるって事は、そういう面でも大変な事なんだな~と思いました。

ドラマでも、葬儀や相続問題の話は見たことがあるけど、
事務処理や埋葬の話ってあまりない気がします。

参考になるかな~と思い、書いてみました。
興味のない方は、スルーしちゃってくださいね[わーい(嬉しい顔)]


今回手続きに使った書類です。
●死亡診断書のコピー
●故人の戸籍謄本(出生から死亡までの全部証明が必要な場合も)
●故人の除籍住民票
●相続人全員の戸籍藤本
●相続人全員の住民票
●相続人全員の印鑑証明

組み合わせは色々ですが、これらが必要になります。

徳島で二度手間にならないように、事前にネットで調べて多めにとって行き、
現地の役場でもとってきましたが、帰宅後故人の除籍住民票が必要に。

住民票は全国どこでもとれますが、除籍住民票だけは現地じゃないとダメ[ふらふら]
役場から申請書類をFAXしてもらい、定額小為替と返信封筒を郵送しました。


次に、お墓の問題です。

父の実家のお墓は、近くのお寺にあります。

私の旦那方のお墓は霊園にあり、長男なので旦那が管理しています。
義父や祖父母の法事なども何回かしているので良くわかりますが、
お寺や檀家のシステムは、全然わかりません。

でも、父は当然そこに入るのだろうし、四十九日や一周忌、
とてもちょくちょく来られる距離じゃないし、
御布施だけ送って委託できるのか…。

今回の徳島行きでの確認項目の一つでしたが、
叔母の配慮で遺骨も位牌も、戒名なしの本名になっていました。


父の兄弟は、男4人と叔母、大阪の叔母の6人ですが、
男兄弟で結婚したのは父(次男)と長男だけ。

叔父(長男)の子どもは、一男一女がいましたが、
男の子は幼児の時、交通事故で死亡。
その後離婚して母親が女の子を引き取ったため
父の実家の内孫は、私と弟しかいません。

しかも、叔父達は、長男と四男が数年前に死亡。
残る三男も病気の後遺症で、現在介護施設にいるので
実際、お墓の近くにいて管理できるのは、叔母しかいない事になります。

でも、叔母だって嫁いだ身です。
元気な間はいいけれど、子供にこの墓までお願いするのは…。


これからこういう、誰がお墓を守っていくか?が
問題になる事が増えていくのかな~と思いました。


叔母は、子供たちにも
「自分が死んでもお墓はいらない。
 敷地(おばの家は山に囲まれた農家です)に埋めて」
と言っているそうです。


理解のある叔母がいてくれて助かりましたが、
さて、父をどうするか。

とりあえず弟が遺骨を持ち帰り、私が色々調べる事になりました。


まず、こっちでお墓という事も考えましたが、入るとしたら
父とせいぜい弟。(母は絶対一緒の墓には入りたくない!ので・笑)

でも、弟も独身なので、ゆくゆくは父の実家と同じ状況になる可能性があります。
私だって、子供たちに、この墓まで宜しくとは言えません。

そこで目にとまったのが、自然葬


専門業者も沢山あって、私が調べた限りでは
宇宙葬(!)や海洋散骨
散骨専門業者の山で風葬や、樹木の周りに散骨などがあるようです。

散骨のルールとしては、
●骨を細かく砕かないといけない(粉末化してくれる業者があります)
●海洋散骨の場合、海岸から何キロ以上沖合などの規定があるらしい
●土地の場合、所有権があるので、勝手に散骨してはいけない
などがあるようです。

そりゃあ、火葬してあるとはいえ、
海岸や土の中から人骨が出てきたら大騒ぎですよね[がく~(落胆した顔)]


父は漁師の息子で、本人も水産高校を出ています。
海洋散骨がいいかな~と更に調べると、

●チャーター船でのセレモニー散骨
●チャーター船で合同散骨
●同乗なしの業者委託散骨
の3タイプがありました。

委託散骨で、湘南海岸や東京湾あたりだと
遺骨のパウダー化も含めて、35,000円~でできます。


でも、どうせなら浅川の海で…と思い、色々探しましたが、
船の出港場所が限られているため、なかなかありません。

一番近くて小松島(~紀伊水道)。
全然土地勘もない場所に散骨したって、なんの感慨もありません。


そうしてようやく見つけたのが海送舎さんでした。

他社と違い、車にシーカヤックを積んで、希望の場所に散骨してくれます[手(チョキ)]
三重県にあるので、パウダー化と散骨代金の38,000円に、
高速代などの実費と経費でOKです。

遺骨の受け渡しも、着払いのゆうぱっく(!)[郵便局]

遺族の希望があれば、専用ケースを送ってもらって(送料無料)、
それで送る事もできます(送料は自己負担)

それでもちょっと…という場合は、自宅への直接引き取りも
対応してくれますよ[手(グー)]


散骨場所も、こちらの希望を聞いてくれますし、
お願いすれば、故人の好きだったもの(自然にかえるもの)を一緒に供えてくれます[ビール]

私は散骨前に、実家や浅川の町を散策してくれるように依頼しました。


散骨当日には、時間をメールでお知らせしてくれます。
実家前での写真も添付してくださいました。


後日、散骨証明が送られてきて、散骨地点の写真と座標が明記されています。
散骨までの現地の写真や、散骨写真も、データでいただきました。


自分勝手な父でしたが、最後に故郷の海で眠らせる事ができて
子供としての努めは果たせたかな?

誰も来ないお墓で忘れられるより、浅川の海を見るたびに
叔母や知人に思い出してもらえる方が良かったんじゃあないかな~と、
勝手に思っています。


話はがらっと変わりますが、徳島で買ってきたお土産!

みやげ1.JPG

美味しかったですが、子どもたちがあっという間に食べちゃったので
中身の写真はありませ~ん[あせあせ(飛び散る汗)]

みやげ2.JPG

スーパーで買った、金ちゃんラーメンの5食入り即席麺。
最後の一個です。
あやうく、なくなっちゃうところでした[がく~(落胆した顔)]

濃いめの醤油味で、ちょっととろみもあるかな?
とっても美味しかったですよ[るんるん]

他に、讃岐うどんも買ったけど、食べちゃいました~[わーい(嬉しい顔)]

後日、叔母からは自宅でとれたお米を送ってくれました。
見たことがない大きな米袋で、30キロ入り!

秋田の祖母や叔母も、よくお米を送ってくれましたが、
こんなに沢山もらったのは初めてです[グッド(上向き矢印)]
今度はいつか、叔母に会いに、徳島へ行きたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

長いお話にお付き合いくださって、ありがとうございました[黒ハート]

徳島に行ってきました・後篇 [母のひとりごと]

またまたご無沙汰しています[あせあせ(飛び散る汗)]

随分間があいてしまいましたが、前回の続きです。
これからの時代の、葬儀や死後手続き事情の一例として参考になるかも?
と思って書いてみました。
興味無い方はスルーしちゃってください[わーい(嬉しい顔)]


叔母が、葬儀はなしの火葬のみで手配してくれたので、
埋葬や遺品整理、年金停止等の諸手続きのために行ったのですが
その後のお墓の件も含め、今どうなっているのか何も分からなかったので、
喪服持って行った方がいいのかな~と思い、弟に相談したら

「あ~無理無理。相当なゴミ屋敷らしいから、軍手とかジーパンで。
 ファブリーズは持って行くから、ついたらまず窓開けて、換気からだね」

…一体何をしに行くんだったっけ?[たらーっ(汗)]

叔母が色々探してみてくれたらしいのですが、保険証等、
全然見当たらず、病院が再発行手続きしてくれたらしいのです。


祖母は高齢で、大阪のもう一人の叔母のもとに行っていて、
実家は父の一人暮らし
そもそも、何を手続きしないといけないのか、
連絡先はどこなのか、それの発掘からしないといけません[ふらふら]

浅川港.JPG

実家は浅川港のすぐそばにあります。
祖父は健在の頃、自分の船で漁をしていました。
小さな漁村で、今は後継ぎもいないのか、空家も目立ちます。


覚悟して行ったのですが、
叔母が、とりあえず通れるように少しどけておいてくれたので、
そんなゴミ屋敷ってほどではなかったです[ダッシュ(走り出すさま)]

台風の影響で、雨が降ったりやんだりの蒸し暑い中、
汗だくで昼過ぎまでゴミと書類の分別と、電気等の停止連絡[バッド(下向き矢印)]

結局、年金証書や保険証は車から出てきました[がく~(落胆した顔)]
なんでそんな所においておく[たらーっ(汗)]


とりあえず、叔父が軽トラでゴミを運び、みんな疲れたので、
コンビニでお弁当を買って叔母の家で昼食。

叔母の家には茶トラの猫が何匹かいました[るんるん]

実は、叔母(父の妹)は、私は多分初対面。
男兄弟は独身者が多く、実家にいたため、1~2回会った事もありますが、
叔母が農家に嫁いでいた事は、今回初めて知りました。


食事中、叔父が急に外にいったので、どうしたのかと思ったら、

「昼時、食事で人が家に入るとサルがかぼちゃとかとりにくるんだ」

なんて賢いサル![がく~(落胆した顔)]

「庭の周りに網はって、人間の方が檻の中で暮らしてる」

と笑っていました[わーい(嬉しい顔)]


その後、葬儀屋(葬儀はしなくても、病院からの搬送や棺はかかります)の精算や、
入院費の清算。役場に行って各種手続き。
弟の戸籍も、一度も徳島に住んだ事がないのにここにあり、
移動するには現地じゃないと手続きできないため、合わせて申請。
不便ですよね~。

そういえば、私が入籍するので戸籍を抜く時も同様で、
祖母に手続きして送って貰ったことがあります。
何とかならないんでしょうか?


叔母が全部車で連れて行ってくれました。

叔母が近くに嫁いでくれていなかったら、どうなっていたことか。
今回、叔母と親しくなれた事が、唯一のいい事でした[わーい(嬉しい顔)]


実家で叔母と別れて、そこからは父の車を私が運転[車(セダン)]
まずはトヨペットへ。

車の所有者は父ですが、名義はトヨペットという手続きだったらしく
名義変更等、話がスムーズに行って助かりました。
翌日まで車を使いたいので、明日早朝引き渡す事に。

さて、この時点で4時。
とっくに銀行窓口は閉まっています。
でも、光熱費等の他に何の手続きをしないといけないのか、
通帳記入なんてしない人でしたから、まず数年の未記入を出してもらう
必要があります。

台風は明日、徳島に接近。[台風]
なんとか早く帰路につきたい!

ダメもとでインターホンを押し、事情を話したら、中に入れてもらえました~![わーい(嬉しい顔)]

口座閉鎖の手続きをし、オンラインが止まっているので、
明日朝一番で通帳記入をしてもらえる事に[手(チョキ)]


ようやく、長かった一日が終わりました[もうやだ~(悲しい顔)]
あとは明日通帳をもらい、トヨペットに車を渡せば、
年金停止等は、自宅に帰ってからでも手続きができます。
(社会保険事務所は、最寄りどこでも手続き可能だそうです)


泊まったのは、遊遊NASA
水野真紀さんが挙式したホテルだそうです。

遊遊NASA.JPG

部屋から海が一望。
台風の接近で波が高く残念!
でも、ようやくコンビニ以外の、まともな食事を食べられました~[もうやだ~(悲しい顔)]


帰路は、浅川からバスで大阪、新幹線で新横浜まで出ようと思っていましたが、
銀行にトヨペット…。9:31発には間に合いそうもありません。
かと言って、次の11:31だと、逆に時間を持て余してしまいます。

仕方ないので、時間はかかるけど牟岐線で徳島、バスで神戸、
新神戸から新幹線に。

でもこれも9:51に乗れないと、11:39までありません[あせあせ(飛び散る汗)]
トヨペットでタクシーを呼んで、間に合うか…。

結局、銀行もやたら時間がかかり、トヨペットにいたっては
前日対応してくれたテキパキしたお姉さんがお休みで、
代理の整備士さんだったため、手間取ってギリギリ間に合わない!

そうだ!電車は牟岐で10分くらい停車するから、タクシーでそこまで行けば
間に合うかも~[ダッシュ(走り出すさま)]

…間に合いましたよ~[ふらふら]
なんてスリル満点。


特急ではなかったので、また2時間以上電車に揺られ、
神戸行きのバスに乗り換え、ダッシュで新幹線のホームで駅弁を買い、
のぞみに飛び乗りました[新幹線]

弟は平塚なので、小田原下車。
次の新幹線の方が乗り換えが少ないからと新神戸で別れました。


ようやくほっとして、遅い昼食をとっていたら、弟からメール。

「強風で途中停車。いつ動くかわからず!」

ええ~!?

「ようやく動いたけど、徐行運転」

「行き先変更になって、熱海で降ろされた」

あうう。ひょっとして、私の乗った新幹線、ギリギリで台風から逃げ切ったのね[がく~(落胆した顔)]
危ないところでした[たらーっ(汗)]

結局弟は、熱海から東海道線。可哀想~!


今考えると、あの原因不明の腰痛は、このスリル満点のストレスと
長時間の座りっぱなしが後から来たのかも?


長いお話にお付き合いいただき、ありがとうございました[るんるん]

と、いうわけで(?)疲れを癒しに、今日から温泉に行ってきま~す[いい気分(温泉)]

母のお供で、湯布院~黒川です[わーい(嬉しい顔)]
しばらくコメントお返しできなくてごめんなさい[あせあせ(飛び散る汗)]
それでは、行ってきま~す[飛行機]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。